ウインターカップ

バスケットボール

【ウインターカップ2020】東山が明成の戦術に真っ向勝負で掴んだ準優勝に「あっぱれ」

SoftBankウインターカップ第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会は29日に男子決勝が行われ、東山(京都)は仙台大学付属明成(以下:明成 宮城)に敗れて初優勝を逃した。 東山は2Qで速攻を繰り出してペースを掴むと、#9ムトンボ ジャン ピエールがセカンドチャンスからの得点を重ねて、前半終了時には明成を40-26と大きくリード。 しかし後半に入り、明成にじりじりと追い上げられる。 4Q残り16.4秒のタイムアウト明けで、明成#8山﨑一渉にオフェンスリバウンドからジャンパーを決められて、これが決勝点となった。 今年の決勝戦は最後のクロスゲームで勝敗が分かれたものの、そこまでにも伏線があった。 ゾーンディフェンスを駆使しながら、時にはプレスでプレッシャーをかけるなど、様々な戦術で対抗してきた明成に対して、東山は正々堂々と最後まで勝負していた。
タイトルとURLをコピーしました