グレッグ・クーパー

ラグビー

「スコッドを強化するため」三菱重工相模原ダイナボアーズが果たした価値ある“敗戦”とは

NTTリーグワン、ディビジョン2の三菱重工相模原ダイナボアーズは4月10日、相模原ギオンスタジアムで三重ホンダヒートに15-16で敗れ、レギュラーシーズンを9勝1敗の勝ち点43で1位通過とした。試合当日は強風が吹くなど厳しいコンディションで逆転負けを喫したダイナボアーズだが、2週間後の順位決定戦、その先の入替戦に向けて価値のある敗戦となった。
ラグビー

【ラグビー:トップリーグ第4節】三菱重工相模原がNTTコムのスクラム攻勢に耐えて引き分けに持ち込む

トップリーグ第4節が相模原ギオンスタジアムで14日に1試合が行われ、レッドカンファレンスの三菱重工相模原ダイナボアーズ(以下 三菱重工相模原)はNTTコミュニケーションズシャイニングアークス(以下 NTTコム)と対戦し、26-26の引き分けに終わった。 ホームスタジアムでは第1節のサントリー戦以来となった三菱重工相模原。 サントリーには大敗を喫したが、この日は相手スクラムからの攻撃に対しても、強度の高いディフェンスで粘りを発揮し、スタジアムに詰めかけたファンを魅了する。
タイトルとURLをコピーしました