ラグビー

ラグビー

【トップリーグ第4節】サントリーが4連勝、雷雨順延から自分たちのラグビーを見つめ直す

トップリーグ第4節は秩父宮ラグビー場で20日に1試合が行われ、13日の試合で雷雨のため順延となっていた、レッドカンファレンスのサントリーサンゴリアス(以下 サントリー)と東芝ブレイブルーパス(以下 東芝)が対戦し、サントリーが73-5で圧勝しリーグ戦4連勝を果たした。サントリーと東芝はともに東京都府中市を本拠地とし、トップリーグでは最多の優勝回数5回を誇る。これまでも「府中ダービー」と称され、数々の名勝負を繰り広げてきた。今シーズン初対戦となった13日の試合では、前半12分32秒に雷雨で試合中止となり、この日に再試合が組まれていた。本来ならばこの週はバイウィークのはずだが、サントリーは開始早々から試合の主導権を握り続ける。
ラグビー

【ラグビー:トップリーグ第4節】三菱重工相模原がNTTコムのスクラム攻勢に耐えて引き分けに持ち込む

トップリーグ第4節が相模原ギオンスタジアムで14日に1試合が行われ、レッドカンファレンスの三菱重工相模原ダイナボアーズ(以下 三菱重工相模原)はNTTコミュニケーションズシャイニングアークス(以下 NTTコム)と対戦し、26-26の引き分けに終わった。 ホームスタジアムでは第1節のサントリー戦以来となった三菱重工相模原。 サントリーには大敗を喫したが、この日は相手スクラムからの攻撃に対しても、強度の高いディフェンスで粘りを発揮し、スタジアムに詰めかけたファンを魅了する。
タイトルとURLをコピーしました