最後のbjリーグファイナルから5年、琉球ゴールデンキングスVS.富山グラウジーズ マンティーラジオ実況で蘇る

スポンサーリンク
バスケットボール
©マンティー・チダ
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
仲介手数料無料のアパート紹介

スポンサーリンク

最後のbjリーグファイナルから今日で5年

5年前の2016年5月15日、最後のbjリーグファイナルが有明コロシアムで行われた。

対戦カードは、琉球ゴールデンキングスVS.富山グラウジーズ。

結果は琉球ゴールデンキングスが86-74で富山グラウジーズを下し、bjリーグ全チーム最多となる4回目の優勝に輝いた。

奇しくも5年後の5月15日、日本初の本格的なエンタテイメント・アリーナ「沖縄アリーナ」で、Bリーグチャンピオンシップクォーターファイナルのカードとして、この両チームは顔を合わせている。

5年前のシーズンから現在まで同じチームに在籍しているのは、琉球ゴールデンキングスの岸本隆一、富山グラウジーズの城宝匡史のみ。

今回は特別にインターネットラジオ㎙GIG「マンティーのバスケットボールチャンネル」の2016年5月25日放送分から、マンティー・チダが実施したリング下で実施したファイナルのラジオ実況(優勝決定の直前から)、その後の記者会見【琉球・伊佐勉HC(現SR渋谷HC)、富山・ボブ・ナッシュHC、琉球・津山尚大(現A東京)、富山・城宝匡史】の模様を配信する。

※次ページに当時の写真を掲載

タイトルとURLをコピーしました