バスケットボール

バスケットボール

【Bリーグ第35節】横浜BCがB1シーズン最多勝利を更新、キング開ら若手の台頭でホーム最終戦を白星で終える

Bリーグ、B1の横浜ビー・コルセア―ズは4月30日、横浜武道館で茨城ロボッツとのホーム最終戦に挑み91-85で勝利。同一カード連勝と同時に、B1でシーズン最多勝利、最高勝率を達成。4月以降、大きくプレータイムを伸ばした#23キング開をはじめ、若手の台頭が実を結んだホーム最終戦だった。
バスケットボール

【Bリーグ第30節】「ディフェンスで波を作らない」ことから生まれた秋田・中山拓哉の逆転ブザービーター

Bリーグ、B1の秋田ノーザンハピネッツは4月10日、とどろきアリーナで川崎ブレイブサンダースと対戦。序盤から追いかける展開となったが、残り5分から怒涛の追い上げで大逆転。川崎に87-86と勝利した。
バスケットボール

【Bリーグ第27節】横浜BCが京都に敗れて今季初3連勝ならず、オーガナイズできるチーム作りが急務

Bリーグの横浜ビー・コルセアーズは3月27日に京都ハンナリーズと横浜国際プールで対戦し、60-79で敗戦。23日の千葉ジェッツ戦から3連勝とはならず、横浜国際プール今季最終戦を白星で終えることはできなかった。
バスケットボール

【バスケBリーグ第15節】横浜BCキング開がディフェンスで存在感を発揮、青木勇人HCも「しっかりと武器になるもの」と評価

Bリーグ、横浜ビー・コルセアーズは2日と3日に、横浜国際プールで大阪エヴェッサと対戦。2日は快勝したが、3日は一転して大敗を喫した。対照的な2試合となったが、横浜BCには、大阪戦で大きくプレータイムを伸ばした選手がいた。先日、#5河村勇輝ともに途中入団を果たしていた#23キング開である。
バスケットボール

【バスケウインターカップ2021男子】福岡大大濠が帝京長岡との守り合いを制し28年ぶりの頂点

「SoftBankウインターカップ2021令和3年度第74回全国高等学校バスケットボール選手権大会」は12月29日、東京体育館で男子決勝が行われ、福岡大学附属大濠(福岡2)が帝京長岡(新潟1)を59-56で下し、28大会ぶり3回目の優勝を飾った。
バスケットボール

【バスケBリーグ第13節】横浜BC、河村勇輝とキング開の入団により、森井健太が危機感からステップアップ

Bリーグ、横浜ビー・コルセアーズに今シーズンもニューカマーがやってきた。といっても完全なるニューカマーではない。新たに加わったのは、#5河村勇輝(東海大学から特別指定選手)と#23キング開(専修大学からシーズン選手契約)。ともに、昨シーズンは特別指定選手として海賊の一員だった。いわば「ビーコルに戻ってきた」という表現が一番ふさわしいのかもしれない。
バスケットボール

【バスケBリーグ第11節】アースフレンズ東京Zの坂井レオが熊本戦をきっかけに覚醒となるのか

Bリーグ、B2のアースフレンズ東京Zは11日と12日、西地区の熊本ヴォルターズと大田区総合体育館で対戦し、2試合連続で熊本に100点を超える失点に終わり大敗した。チームの所属選手において、選手1人が新型コロナウイルス感染症陽性判定、3選手が濃厚接触者と判断されたことで、東京Zは8人で戦わざるを得ない状況となったことも影響する。厳しい状況下に置かれた東京Zではあったが、ここにきてようやく覚醒が見えてきた選手があらわれた。それは日本人ビッグマンとして、チーム在籍2シーズン目の#13坂井レオである。
バスケットボール

【バスケBリーグ第10節】横浜BCパトリック・アウダが戦列復帰からチームへの想いを語る

横浜ビー・コルセアーズは、川崎ブレイブサンダースに連敗を喫し、これで7連敗となった。4日の北海道戦で2試合の出場停止を受けていた#1パトリック・アウダが、12日の川崎戦から戦列復帰。この試合へ向かうまでの気持ち、チームのオフェンスやディフェンスについて伺った。
バスケットボール

【バスケBリーグ第10節】横浜BCが川崎に103失点で今季の神奈川ダービー全敗、ディフェンスよりも日本人選手のスコアメイク向上が急務

Bリーグ、B1の横浜ビー・コルセア―ズ(以下横浜BC)は、ホームの横浜国際プールで川崎ブレイブサンダース(以下川崎)との神奈川ダービーに挑み、連敗を喫した。これで、横浜は今季の神奈川ダービーを全敗で終了。特に12日は、B1全体を見ても強みとしていたディフェンスが崩壊。川崎に103点を奪われて、バイウィーク明けから4連敗、11月10日の群馬戦から7連敗となった。
バスケットボール

【バスケBリーグ】横浜BCがリーグ戦中盤へ挑む(後編)~レイトン・ハモンズの起用法から見えてきた青木勇人HCの想い~

Bリーグ、B1は約2週間のバイウィークを経て、12月4日の第9節から再開する。東地区の横浜ビー・コルセアーズ(以下横浜BC)は、ここまで14試合を消化して6勝8敗とした。2回にわたって、今季における横浜BCの戦いぶりを様々な角度から考察。後編では、レイトン・ハモンズの起用法から見えてきた青木勇人HCの想いをお届けする。
タイトルとURLをコピーしました