【WEリーグ】東京NBの元なでしこジャパンDF岩清水梓が出産後初の試合出場「久しぶりすぎて緊張しました、体力的にもまだまだ」

スポンサーリンク
サッカー
©日テレ・東京ヴェルディベレーザ
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

文 マンティー・チダ

スポンサーリンク

コンディションは万全でなくても攻守で存在感を発揮

元なでしこジャパンで日テレ・東京ヴェルディベレーザ(以下東京NB)のDF#33岩清水梓が5月8日、AGFアリーナで行われた女子プロサッカーWEリーグプレシーズンマッチのジェフユナイテッド市原・千葉レディース(以下千葉)L戦に先発出場。昨年3月に第1子長男出産以来初の試合出場だったが、チームは千葉Lに0-1と敗戦した。

岩清水は前半21分に右足でミドルシュートを放ち、終盤にはスルーパスを通すなど存在感を発揮して、後半19分までプレーした。「公式戦は久しぶりすぎて、緊張がありました。体力的にもまだまだですね」と自身の復帰戦を総括する。

前半18分、カウンターから千葉LのMF#18安齋結花に左足のシュートで失点してから、東京NBは相手ゴール前で何度も得点のチャンスを作るが、千葉Lの堅守に阻まれて無得点。岩清水は「スコアができないと結果としてこうなる。(自分としては)欲を言うともっとやらなければならない」と反省した。

竹本一彦監督は「2月から練習を重ねてきて、(岩清水には)時間を限定して練習試合へ出場し、強度の高い練習を積んできました。練習でコンディションが良かったので、前半に起用しようと。前半の失点はオフサイド気味でしたけど、他のプレーは経験値を生かしてくれた」と岩清水を評価。「チーム最年長、ワールドカップ2011年優勝メンバー、ママさん選手、女性アスリートとして新たな一歩を踏んで活躍を見せて欲しい」と期待を寄せる。

11日から始まる、なでしこジャパン候補のトレーニングキャンプに東京NBから8選手が招集された。代表合宿で主力がごっそり抜けても、戻ってきたW杯優勝メンバーがWEリーグ初代女王を目指すチームのキーマンになるのは間違いなさそうだ。

2021WEリーグ プレシーズンマッチ - 日テレ・東京ヴェルディベレーザ vs ジェフユナイテッド市原・千葉レディース | 日テレ・東京ヴェルディベレーザ / Nippon TV Tokyo Verdy Beleza
日テレ・東京ヴェルディベレーザの公式ウェブサイトへようこそ!最新ニュース、試合情報、チーム情報、観戦ガイド、ファン向けコンテンツなどあらゆる情報をお届けします。

トップページ

タイトルとURLをコピーしました