【大学女子7人制交流大会】追手門学院大学が優勝、村田彩乃がMVPを獲得

スポンサーリンク
ラグビー
©マンティー・チダ
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
仲介手数料無料のアパート紹介

文 マンティー・チダ

第8回大学女子7人制ラグビーフットボール交流大会が11日、立正大学熊谷キャンパスラグビー場で決勝戦が行われ、追手門学院大学が立正大学を29-0で下し、2015年大会以来2度目の優勝を果たした。

©マンティー・チダ

©マンティー・チダ

決勝戦の相手は立正大学。試合開始早々、立正大学にインゴール寸前まで迫られるが、追手門学院大学はボールを奪うとラインブレイクからハーフラインを突破する。こぼれ球からさらにランでゲインに成功すると、村田彩乃が先制トライ。その後も、相手からボールを奪うとランから敵陣へ入り込み得点を稼ぐなど、追手門学院大学は前半だけで19-0と大きくリードした。

後半に入っても追手門学院大学の勢いは止まらない。3分には村田のランから小林詩波のトライでリードを広げるなど、終わってみれば立正大学を無得点に抑える快勝。前日のプール戦から全勝で優勝を果たした。

スポンサーリンク

「団結力やつながりが準決勝、決勝と出たのは良かった」村田彩乃

追手門学院大学は、6月まで太陽生命ウィメンズセブンズ2021に参戦していたため、わずか2週間でチーム作りをする必要があった。

大会MVPを獲得した村田は「ただただ嬉しいですね」と喜びを噛みしめる。準々決勝以降が行われた11日は雨の予報もありながら、朝から暑さとの戦いだったが、「普段から暑いところでやっているので、それが大会に生きたのかな」と練習時と同じような環境が後押しとなっていた。

©マンティー・チダ

©マンティー・チダ

決勝戦では、村田のランがチームに勢いを与えていた。「みんなが生かしてくれたというか、自分がフリーの時にボールをもらえた。そこはみんなが頑張ってくれたおかげで、あとは(点を)取るだけだなと」と村田はチームメートに感謝する。

「人数が少なくてもプラスへ変えるために、団結力やつながりを大事にしようということでやってきた。特に準決勝や決勝でそういうところが出たのは良かったです」とまさに全員で掴んだタイトルだった。

「今後は太陽生命ウィメンズセブンズで優勝、そしてこの大会で2連覇したい」

村田は次の目標に向かって、前進を誓う。

第8回大学女子7人制ラグビーフットボール交流大会 2日目(トーナメント戦) |大会・試合情報|日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。
ラグビーを世界一楽しもう!ラグビー日本代表のニュース・試合日程・結果およびイベント情報など最新情報が満載。ラグビーの普及・育成に関する情報やルール・観戦ガイド、デジタルアーカイブなど、ラグビーのあらゆる情報をお届けします。(公財)日本ラグビーフットボール協会の公式サイトです。
「SPOFEELING」投げ銭システム
15円から可能!「SPOFEELING」投げ銭システム導入! サポートよろしくお願いします いつも「SPOFEELING」をご覧いただきありがとうございます。SPOFEELINGでは、この度「投げ銭システム」を導入致しました。 ...

トップページ

タイトルとURLをコピーしました